1. トップページ
  2. 毛穴落ちしにくいファンデーションの塗り方

毛穴落ちしにくいファンデーションの塗り方

毛穴落ちしないファンデーションというのは、探してもありません。

  • マキアージュ
  • オンリーミネラル
  • エスティローダー
  • クリニーク
  • コスメデコルテ
  • エトヴォス
  • ケイト
  • カバーマーク
  • セフィーヌ
  • セザンヌ

まあ、この辺りが毛穴落ちしにくいという口コミがあることはあります。

ですが、毛穴落ちというメカニズム、理由を考えた場合、それを防げるファンデーションってないんですよね。

結局はリキッドでマットな感じになっちゃいます。

ただ、毛穴落ちしにくい「塗り方」というのはあります。

若干だけど…毛穴落ちしにくいファンデの塗り方

どんな塗り方?

  • リキッド、パウダーに限らず、まず少なめに取って塗る
  • 塗る圧力は普通が一番
  • ヒト型セラミドで保湿してから塗る

1.少なめにパフやブラシに付けて何度も塗る

毛穴落ちはキメの粗さによって、ファンデーションが肌にしっかり付着せず、毛穴にほとんど持っていかれるのが原因です。

ファンデーションの毛穴落ち理由

つまり、多めに一気に塗ろうとすると、それらがどんどん毛穴に溜まってしまうのです。

一方、少なめに薄く塗ると、キメが粗いにしろだんだんとファンデーションが付着していきます。

ファンデーションが付着してくると、次に塗るファンデーションもそれと絡みやすくなり、毛穴にゴソッと入りにくくなります。

ただ、薄めに何度も何度も塗っていくと、摩擦刺激がかなり積み重なります。

この摩擦刺激がキメを荒らす原因なので、できればやらないほうがいいのです。

2.押さえつけても軽く塗っても一緒

毛穴に入らないように、塗る際の圧力を強くしたり弱くしても同じです。

どのみちムラになるだけです。

強すぎたら刺激でキメが荒れますし、弱すぎても塗る回数が増えて刺激が増えます。

結局は、ファンデーションの伸ばし方自体で毛穴落ちはどうにも防げないということです。

3.メイク前の保湿はセラミド美容液がベスト

ファンデーションのノリを良くしたり、日中の皮脂くずれ、乾燥崩れを防ぐために、メイク前にしっかり保湿する人は多いと思います。

ただ保湿しすぎるとファンデーションのノリが悪くなったりヨレたりします。

しかし保湿が少ないとノリがいまいちよくないと感じてしまいますよね。

これを解決するのがヒト型セラミドの美容液。

ヒト型のセラミドは角質層の内側に浸透します。ちょうどいい感じでしっとりして、なおかつ他の保湿成分より長続きします。

ヨレるような被膜も残しませんし、美容液タイプには高い濃度のセラミドを配合できるメリットもあります。

ヒト型セラミド美容液で地肌を慣らしておけば、キメが粗い部分でも面の部分にファンデーションがくっつきやすくなります。

完璧な対策ではありませんが、やるとやらないではノリが全く違い、そのおかげで毛穴落ちも多少防げるんですよ。